高血圧の方が服用する降圧剤は副作用が強く出てしまうことがあります。こちらでは降圧剤の種類と特徴についてご紹介していきます。また、副作用も多いなどと言われていますので、服用には十分に注意しなければなりません。

降圧剤は飲み続けると認知症になる?

降圧剤にはさまざまな副作用がありますが、ここ数年間で急激に注目されるようになってきたのが「認知症になる」というリスクです。
これは降圧剤を処方され、長期間服用し続けたことによって認知症が引き起こされたのではないかと疑われるケースが出てきたために言われることですが、ではこれは本当なのかというと、正直な話まだ判断しかねる部分が多々あります。
というのも、そもそも降圧剤が処方されるような高血圧患者だと、もともと脳の血管が傷んでいるケースが非常に多いからです。
脳の血管にダメージが入っていればそれだけ脳の働きは衰えやすくなりますし、それに加齢や脳梗塞などの疾患といった条件が重なっていけば、降圧剤が無くとも認知症に至っていた可能性があったということは否定できません。
しかし逆に、降圧剤には脳へ渡る血流量を低下させるという効果があるということも事実です。
脳が活発に働くには当然ながら相応の血流量が必要になりますが、その相応の血流量が確保できない状況が降圧剤によって人為的に作られ、長く続いたことによって脳の能力が衰えて認知症に至るという可能性もあるでしょう。
ただ、認知症という症状自体がまだ未知数の部分が多いということは忘れてはいけません。
どうして認知症に至るのかということは完全に解明されていない部分が多々ありますし、加えて治療方法についてもまだ確立されていません。
そうしたことを考えるとどういった理屈であっても予想や経験則、「確からしい」という程度のことでしか言えないのです。
ただやはり、降圧剤には副作用があるということは間違いないこととなっており、その副作用の中には無視できないものも多々あります。
そのためこうした薬が無くとも改善できるのであれば、そのようにして言った方が良いでしょう。