高血圧の方が服用する降圧剤は副作用が強く出てしまうことがあります。こちらでは降圧剤の種類と特徴についてご紹介していきます。また、副作用も多いなどと言われていますので、服用には十分に注意しなければなりません。

降圧剤による体へのリスク

高血圧症の場合には、血液を押し出す圧力が通常の人よりも高いということにほかなりませんので、血管には常に過剰な負担がかかっています。そのため、動脈硬化が進んで血管がもろくなってしまったり、ひどい場合には脳内出血、脳梗塞などに陥ってしまうこともあります。
このような状態を解消するために服用するのが降圧剤とよばれるもので、その作用に応じてさまざまな種類があります。この降圧剤をまったく飲まない場合、以上に述べたような高血圧による血管のリスクははかりしれませんが、いっぽうで降圧剤そのものにも、副作用などのリスクがひそんでいますので、両者の折り合いをつけながら、正しく服用するということに尽きます。
たとえば、降圧剤として比較的よく処方されるカルシウム拮抗薬は、血管の壁の筋肉にカルシウムイオンが入って血圧が上がるのを阻止するという作用がある医薬品ですが、副作用としては、動悸、頭痛、むくみ、ほてりなどが出ることが指摘されています。グレープフルーツジュースのような飲み合わせの悪い飲み物と併用してしまうと、有効成分が効きすぎてしまい、急激な血圧低下で意識がもうろうとするなどのリスクもあります。
また、カルシウム拮抗薬に次いでよく用いられているアンギオテンシンII受容体拮抗薬は、血圧上昇作用があるアンギオテンシンIIという物質を妨害するものですが、その有効成分が肝臓などで代謝されることから、重い肝障害を抱えている人は、服用によって病状が悪化する懸念がもたれています。
これに似た作用をもつアンギオテンシン変換酵素阻害薬は、アンギオテンシンIIがつくられるプロセスに関わる酵素を阻害するものですが、典型的な副作用として、からぜきが止まらないということが指摘されています。