高血圧の方が服用する降圧剤は副作用が強く出てしまうことがあります。こちらでは降圧剤の種類と特徴についてご紹介していきます。また、副作用も多いなどと言われていますので、服用には十分に注意しなければなりません。

近藤医院と降圧剤をよく知って高血圧を予防

近藤医院が推奨した高血圧予防として、降圧剤を使わない治療があります。降圧剤は高血圧の患者さんに用いる医薬品です。高血圧は動脈硬化を引き起こし、心疾患や脳卒中を引き起こす原因として知られています。また動脈硬化は高血圧の原因になり、その原因になるのがコレストロールです。よって高血圧とコレストロールの関係も密接に繋がりがあります。近藤医院の院長は高血圧とコレストロールに異議を唱え、他の高血圧予防を提唱しています。

近藤医院が推奨しているのは、血圧を下げる降圧剤を使用しないこととコレストロールを下げる医薬品を使わないことです。動脈硬化は高齢になるほど起こりやすい症状であり、必然的な症状と説いています。心臓のポンプから脳へ強い圧力で血液を送る必要があり、そのために血管が硬化し強い圧力が必要ということになります。実際高血圧の方の方が、長生きしているという研究結果もあります。

またコレストロールも必然的に高血圧になるために必要であり、重要な症状であり、むやみにコレストロールを下げると体に支障が出ることが多くなると説いています。どちらも高齢になるについて必要な症状であり、だからこそむやみに、そしていたずらに下げると体にとって悪いことが起きると報告しています。降圧剤などの医薬品を使わないことが予防のひとつというわけです。

しかしすべての人にこれが当てはまるとは言えません。大切なのは人にあっているのか、そうではないのかということになるでしょう。本当に心疾患や脳卒中の危機が迫っている人にそのような予防法は適しているとは限りません。あくまでもそのような説は医師と相談しながら行われるものであり、個人の見解で行うと後悔することもあるでしょう。