高血圧の方が服用する降圧剤は副作用が強く出てしまうことがあります。こちらでは降圧剤の種類と特徴についてご紹介していきます。また、副作用も多いなどと言われていますので、服用には十分に注意しなければなりません。

動脈硬化の断面図を知りフランスパンで高血圧撃破

高血圧になる症状のひとつとして動脈硬化があげられます。本来は柔軟な血管ですが、高血圧になる血管というのは硬くなって行くのが特徴です。動脈硬化の血管の断面図を例にしてみると動脈硬化になる仕組みがわかります。穴が開いたバームクーヘンを想像してみてください。穴が開いている部分が血液が通り道、その周りが内膜、中膜、外膜となります。その動脈硬化の血管の断面図の内膜にこそ、動脈硬化になる原因があります。

その内膜にコレストロールが溜まるようになると、血小板等の成分は入り混じっておかゆ状になります。そのドロドロになった血管はいずれ硬くなり、血液がうまく運べない状態になります。そのような原因が、動脈を硬くし動脈硬化を引き起こすのです。コレストロールの摂取を考える必要があります。コレストロールはおいしいものに多く含まれていますので、食事制限をする必要があります。もしくはコレストロールが少ない食材を食べるというのも良いでしょう。フランスパンは少ない食材として有名です。

フランスパンは水食塩、小麦イーストで作られていますのでコレストロールがまったくありません。動脈硬化と高血圧を退治するために貢献する食材になるでしょう。しかし中度や重度の症状になった場合は降圧剤に頼る必要もあります。まず高血圧を防ぐ必要がありますので、降圧剤を使用しながらフランスパンなどの食事制限を利用して動脈硬化も改善するという方法が良いでしょう。

いろんな降圧剤がありますのできちんと服用すれば高血圧と動脈硬化の対処をすることができます。動脈硬化は高血圧になるだけではなく、心臓病や脳疾患を引き起こす怖い病気と密接な関係があります。しっかり対処するようにしましょう。