降圧剤の種類ドットコム

高血圧の方が服用する降圧剤は副作用が強く出てしまうことがあります。こちらでは降圧剤の種類と特徴についてご紹介していきます。また、副作用も多いなどと言われていますので、服用には十分に注意しなければなりません。

降圧剤の種類と特徴

高血圧症は、かぜのときの頭痛や腹痛のように、医薬品を服用するだけでたちどころに治るというものではなく、食事をはじめとした日頃の生活習慣に留意しながら、降圧剤などの医薬品を飲み続けて、根気強く取り組まなければならない病気といえます。
血圧が高くなると、全身の血管にそれだけ負担がかかるようになるため、血管が破れてしまったり、動脈硬化になったりしてしまうリスクが高まります。
その結果として、脳梗塞や脳内出血などのおそろしい病気に発展する可能性もありますので、血圧をコントロールすることはたいへん重要です。
血圧をコントロールするカギとなるのが降圧剤ですが、これにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴も異なっています。
降圧剤のなかでも比較的ポピュラーなカルシウム拮抗薬は、血管を収縮させるはたらきのあるカルシウムイオンが、血管の筋肉に流入するのを抑制するもので、血管を拡げて血圧を下げる効果があります。
ACE阻害薬は、血管を収縮させるアンジオテンシンIIという物質が体内で生成されないようにするため、血圧を下げる効果があります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、アンジオテンシンIIが受容体と結合することによって血管を収縮させるというところに注目して、この受容体への結合をさまたげるはたらきをするため、血圧が下がる効果をもたらします。
アルファ遮断薬やベータ遮断薬は、交感神経系の伝達物質ノルアドレナリンが、アルファ受容体またはベータ受容体とよばれる部分に結合することで血管の収縮が起きることを阻害して、血圧を下げる効果を発揮します。
降圧利尿薬は、血液中の水分が増加すると血液の全体量も増加し、血管の負担も増えるということに着目して、尿量を増加させることで血圧を下げるものです。

■このサイトでノルバスクを購入
オルメサルタンは先天性高血圧にも効果を発揮する
■こちらの降圧剤は、血圧を上昇させるアンジオテンシンIIをブロックします
ミカルディス